カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS
ティミロン(旧ナノスケール)社では、より強化された物理的化学的性質を有するナノアクティブ・マテリアル、酸化金属のナノパーティクルを製造しています。

ナノアクティブ・テクノロジー(酸化金属)

NanoActive Metal Oxicde Technology

ティミロン(旧ナノスケール)社はナノアクティブ(NanoActive)と呼ばれる独自の安全性の高い酸化金属のパウダーを開発しました。ナノ社の独自の合成方法は、空気中、水中の汚染物、有害化学物質、生物有機体、化学兵器などを含む有毒物質の破壊、吸着動力学の強化、化学反応性の増大、ナノ結晶の形態における天然ミネラルの安全性を維持する目的を持って開発されたものです。

ナノ社の製造技術により2-10nm の小さな結晶サイズの先端材料が生み出され、それが2-10um のミクロンサイズに凝集し、非常に高い(up to 1.5 cc/g)多孔性を持つことになります。この多孔性故に、粒子全体が反応に貢献することになります。特に、その分子構造が、ものの表面や空気中の反応性物 質に対して、より高度な化学反応とより速い親和性を可能にします。この高度に多孔質な構造のため、結晶格子構造の角や縁にある協調的不飽和原子やイオン (coordinated unsaturated atoms/ions on the corners and edges of the crystal lattice structure)と接触することによって物質を孔隙に吸収することができます。

ナノアクティブ材料とターゲットとする物質との相互作用の最中には、二段階の分解プロセスが行われています。最初のステップは物理吸着による表面への目的物質の吸着であり、次には化学分解のステップに入ります。この二段階のメカニズムは、分解を化学反応に頼る比率を下げることによりナノアクティブ材料の”解毒能力”を強化します。


表面吸着は非常な低温においても機能は衰えず(実際には低温で物理吸着は強化される)、全ての潜在的な毒性物質は物理吸着される(その次に破壊吸着が起こ る)ために、ナノアクティブ材料は一般的な化学反応に見られるような欠点を持っていません。一般的には、化学反応のスピードは、物質の組み合わせによると ころが大きいのですが、それ故に、反応スピードがまま遅くなることがあります。また、化学反応のスピードは普通低温ではすぐに遅くなってしまいます。これ らの理由から、化学反応に頼るどんな解毒方法も多くの毒性物質に対して有効という訳ではなく、また低温では効果もなくなってしまうのです。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

■ 確かにこれはとても良い・・・

確かにこれはとても良いです
jasa seo terbaik indonesia | 2020-12-09 08:42 |
名前:
URL:
コメント:
 

ページトップへ